liquid soap (2種類セット)ケース入り
5ce9dfaba8945279d8458b30 5ce9dfaba8945279d8458b30 5ce9dfaba8945279d8458b30 5ce9dfaba8945279d8458b30 5ce9dfaba8945279d8458b30 5ce9dfaba8945279d8458b30

liquid soap (2種類セット)ケース入り

¥400 税込

送料についてはこちら

はじめまして(^^) 当店新商品の液体せっけん《liquid soap》です。 液体石鹸の素(固形)を精製水で希釈することでliquidsoapになります。今回は精製水を用意し素を温めて溶かすという行程を省略しすぐに使っていただけるように液体石鹸をやわらかボトル二個セットにして販売します。 ご注文頂いてから希釈しますので 発送が少し遅くなることをご了承くださいませ。 自然界にも優しい石鹸ですから このケースのまま海や山などアウトドアを楽しむときに持参するのもお勧めです。 《黒キャップ》 スイートアーモンドオイルでアルコールフリー ◎材料:ココナッツオイル・スイートアーモンドオイル・苛性カリ・精製水・無水エタノール 《白キャップ》 アボカドオイルでグリセリン配合 ◎材料:ココナッツオイル・アボカドオイル・苛性カリ・精製水・グリセリン ◎容量・・・約40㎖  若干濃い目の希釈にしてあります。 ◎使用期間・・・お手元に届いてから二か月以内に使い切ってください。(水道水で更に希釈した場合は一ヶ月以内で使い切ってください) ------------------------------------------------------------------------------- 《送料について》 発送手段の異なる商品を同時に購入された場合は、「送料が一番高い発送手段でまとめて発送」いたしますので複数お買い求めいただくとお得です。 --------------------------------------------------------------------------------- ★是非お読みください★ 固形石鹸を水で溶かしたら液体石鹸になるのか? 答えは「NO」です。 固形石鹸を水に溶かすと、溶かした直後はサラサラですが、時間の経過とともにゲル状に固まります。 なぜなら固形石鹸と液体石鹸は全く違う物質だからです。 原料油脂を鹸化するために水酸化カリウム(苛性カリ)を使うと液体石鹸になり、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を使うと固形石鹸になります。どちらも石鹸ですが、物質としては全く別物なのです。 固形石鹸と液体石鹸どちらも長所短所があるので参考にしてください。 ①肌への刺激 液体石鹸も固体石鹸も、肌への刺激性はそれほど高くはありません。原料油脂や配合成分によっても使用感は大きく変わるので、固形か液体かという比較は難しいです。当店のliquidsoapは 高価で安心なオイルを使用しています。 ②洗浄力 固形石鹸の方が優れています。液体石鹸は純石鹸分の割合が少なく、その分洗浄力も落ちます。少ないのは石鹸分をあまり増やすと固まってしまい液体でなくなるからです。 ③取扱いの手軽さ 液体石鹸のほうが使いやすいと感じられることが多いようです。ただしポンプによっては目詰まりする場合もあります。 ※液ダレしないかモニターさんに発送して大丈夫でしたが万が一液ダレがあった場合は遠慮なくご連絡ください。